IoT/M2M応用分野

IoT/M2M応用分野は多岐にわたり、実用化が進展しています。技術の基本はモニタリング と コントロール (有線/無線)ですが、特に無線技術の進展が大きく貢献しています。

応用分野

■ スマートホーム/スマートホテル/スマートホテル (省エネ)

■ スマートファクトリ/スマートホスピタル/スマートステーション (省エネ)

■ スマートシティ (省エネ)

■ スマートエナジー (省エネ)

■ 医療機器モニタリング (ヘルスケア)

■ 製造関連機器遠隔監視 (ファクトリオートメーション)

■ 在庫管理/補充管理 (サプライチェイン管理)

(各種自販機、物流拠点倉庫、店舗)

■ ITS (インテリジェント交通システム)

■ 環境遠隔監視:

山林、圃場、牧場、公園、河川、海洋、 他

灌水・施肥管理、災害対策(風水害、異常気象、地震、津波)

■ 放牧、養殖関連遠隔監視(家畜、魚介類)

InternetNodeの応用事例

InternetNodeを使って、世の中のデバイス、装置、プラント、家、オフィス、お店、病院、Parkingロットなどをセンサーを併用し見守ります。

かつ、リアルタイムな判断を行いアラームを出す等のコントロールもでき、サービスし報告することも可能です。

slide17

主な用途・・・

洗車機管理

ガソリン漏れ監視

エネルギー管理(冷凍庫等)

slide18

主な監視対象として・・・

発電状況

温度・湿度

太陽光

slide19

個人の健康状況を監視して、在宅医療のサポートに。

心拍数

血圧

体温

組み込みJavaの学習教材

ロボットや機械の制御に

センサーネットワークを使った教育・ホビーに

宝石店の資産安全管理

24時間パーキングの状況安全管理

ICタグを使った資産管理

病院内における、患者の待ち時間管理およびカルテのトラッキング等

トラフィック監視

コンテナのトラッキング

入退場管理

セキュリティセンサのシステム応用例

無線センサとインターネットノードを組み合わせてセキュリティシステムを構築することが出来ます。

akiya

 スマホやPCを使って空き家の安心・安全をモニタリングします。異常が判明した場合には、関係先へメッセージを送信して連絡するので、現地に出向いて対応措置をすることが出来ます。
これにより、随時、空き家の安心・安全状況を確認し、不測の事態が発生したときにも迅速な対応を図ることが出来ます。

 Valley Campus JapanではiNode-3Gと各種ZigBeeセンサを活用してスマホ、PCで空き家を監視するシステムを実現させています。