インターネット・ノード(ゲートウェイ)iNode

DSC_0432

Zigbeeモジュール搭載のIoT/M2Mゲートウェイです。

VCJのIoT/M2Mシステム開発キット(MDK-SHIBA)の構成品でもあります。

手のひらサイズのコンパクト筐体

Linux ボード+ZigBee 仕様準拠ボードが標準装備

高性能

CPU ARM CORTEX A8 1GHz

大容量主メモリ

512MB DDR2

2GB 8Bit eMMC On-board Flash Storage

大容量補助メモリ

4GBマイクロSDカードおよびカードコネクタ標準搭載

標準OS

M2M向け汎用Linux Distribution  Angstrom Linux

標準外部接続

Ethernet 用 RJ45 コネクタ 標準搭載(On Chip Ethernet)

標準外部接続

HS USB 2.0 HOST and Client Port,USB Type A socketo搭載

標準外部接続 I/O

Zigbee近距離無線モジュール搭載

開発 Debug 対応

スマホ側、クラウド側は汎用 HTTP 開発ツール

開発 Debug 対応 on iNode

Mini USB portでFTDI-based serial/JTAG接続

(M2Mアプリ開発には不要、iNode 基本部組み込み開発時のみ使用)

 開発 Debug 対応

 Opne JDK 活用

(M2Mアプリ開発には不要、iNode 基本部組み込み開発時のみ使用)

 拡張コネクタ

 業界標準コネクタ 3.3V IO, 0.1 インチピッチ

電源アダプタ (5V DC up to 2A)

プラグタイプ: 5.5mm OD/2.1mm ID

低消費電力

省エネ設計

故障耐性設計

シンプル構造、ファンレス

動作温度

0〜53℃ ( AC アダプタ含む)

参考価格

単体 : 18,000円(税別)

標準センサ(照度センサ)込み : 23,000円(税別)

<LAN設計時の注意: ポートフォワーディング>

・ サンクチュアリクラウドサーバはGWとセンサのコントロールの為に特定のポートアドレスを使用する。その為に、iNodeを接続したローカル PC にローカルポートフォワーディングが必要。

* 当該仕様は改良のため予告なく変更することがあります。